社員インタビュー12.jpg

TAKAIDO COOLFLOW
板垣 祐吾 東京物流センター

  頭と体力を使ってチームワークでする仕事

社員インタビュー

学生時代はバスケットに夢中で、卒業後の今でも仲間と楽しむほど。就職先は、スポーツのように頭と体力を使ってチームワークでできる仕事と決めていました。

学校の紹介でTAKAIDOクールフローを知り、見学をしたところ私の求めている仕事だと感じ、また、働く社員の雰囲気が良く、入社を決めました。

今は、東京本社内にある物流センターで、仕分け作業を中心に構内作業を担当しています。

ステップアップしていく先輩の後ろ姿を見て、少しでも早く責任あるポジションに就けることを目指しています。

 

  いろんな部署を経験して、成長したい

社員インタビュー

繁忙期や交通事情で入荷便が遅れたりすると、忙しくなるので、ミスが起こらないように、段取りとチーム内でのコミュニケーションが欠かせません。

入社したての頃はミスもありましたが、落ち込んでいると「俺も昔はあったから...」と先輩が声をかけてくれて勇気を貰いました。今は、周りを見る余裕も生まれて、少しでも作業時間を圧縮できるように、"考える"ことを意識しています。それだけに、一日一日に達成感があって充実しています。

これからは、免許取得の助成制度を活用して各種資格を取得したり、いろんな部署を経験して成長したいと考えています。

【一日のスケジュール】

  • 10:00  出社、構内仕分け作業
  • 13:00  昼食
  • 14:00  構内仕分け作業
  • 19:00  退社

 

  夢中になれる友達との時間

社員インタビュー

社会人になっても、夢中になれる趣味は、いつまでも持っていたいと思っているので、休日は友達と会って食事や、バスケットで汗をかいたり。
心と身体のメリハリがつくような過ごし方をしています。

 

成長できる環境がある

TAKAIDOクールフローは、資格取得の助成制度や報奨制度が充実していて、社内でステップアップする環境が整っています。
その日完結型の仕事は、まるでバスケットの試合に近い感覚で、メリハリもあって、体育会系出身者にはすぐに溶け込みやすい会社だと思います。
自分が成長できる環境を探している方は、是非検討してください。

     
  他の社員インタビューはコチラ  
     
  ▲ページ最上部に戻る
  ▲HOMEへ戻る