社員インタビュー

TAKAIDO COOLFLOW
島田 裕也 東京物流センター

  スムーズな流れを作る仕事

社員インタビュー

会社見学時に、活気ある雰囲気に惹かれ、入社を決めました。

特に他社に比べて、先輩らしき社員さんの指導に、若い人たちが笑顔で応えていた様子が印象的で、社会人になる不安が薄れたことを覚えています。

 

セットアップの仕事をから、思いやりを学ぶ

今は、スムーズな入出荷ができるように、物流センターでの流れを管理する担当をしています。

出社後、その日の配車確認から始まり、センター内をフォークリフトを使って整理する。限られた時間内に、荷降〜仕分〜積込みの一連の作業がスムーズに進むよう、人や車両の導線を考えての作業を行っています。

それぞれの担当者への思いやりが、とても大切なことだということを学びました。加えて、仕事終わりには達成感もあるので、メリハリもあって毎日が充実しています。

ゆくゆくは、いろんな資格を取得して、責任者として大切な仕事を任されるようになりたいですね。

 


社員インタビュー

【一日のスケジュール】

  • 08:30  出社、構内整備(車庫入れ、フォーク荷卸し)
  • 12:00  昼食
  • 13:00  倉庫内整備(カゴ車整理など)、構内整備(車庫入れ、フォーク荷卸し)
  • 16:00  配送フォロー
  • 17:00  帰社、構内確認
  • 17:30  退社

 

  休日は、ロードバイクでツーリング

社員インタビュー

通勤もロードバイクというほど、自転車好き。

有給休暇を使って、熱海経由で静岡まで泊りがけのツーリングに出かけることもしばしば。社内で自転車好きが増えれば、嬉しいかな。

 

新人でも安心して働ける環境がある

学生時代の仲間と話をしても、珍しいと言われるほど社内の雰囲気は良いと感じています。もちろん年齢差はありますが、安全や仕事の流れに対する意識が高い職人的な人が多い割りに、コミュニケーションが活発。

会社見学で感じたとおり、新人でも安心して働ける環境があると思います。社会人になることに不安を感じている人は、是非一度見学に来て体感してください。

     
  他の社員インタビューはコチラ  
     
  ▲ページ最上部に戻る
  ▲HOMEへ戻る