社員インタビュー0.jpg

TAKAIDO COOLFLOW
三浦 一晃 東京本社 管理本部

  事業計画に従って予定通りにカタチにする仕事

社員インタビュー

就活中は、総務や管理の仕事に就きたいと思っていたので、社歴ある安定している会社を選びたいと思っていました。

高井戸運送に決めた理由は、会社見学時に幹部や現場の皆さんの私に対する接し方、社内の風通しが良い印象を受けたからでした。

入社後は希望通り管理部に配属され、社内行事の企画運営や会議資料の作成から、許認可関係の管理、申請手続きを担当しています。

具体的には、社員の皆さんが、元気に働ける下準備をする仕事です。

調べものがたくさんあるので勉強の毎日ですが、社員の皆さんのやる気に溢れた表情を見て、とてもやりがいを感じますね。

 

  働きやすい環境が作れるようにがんばっていきたい

社員インタビュー

プロスポーツの世界を見ていると、選手にアドバイスやフォローをしているマネージャー的な存在って、会社にも必要じゃないかと思うんです。

現場で働く人たちを選手だとすると、私たちがそんな存在になって、より働きやすい環境が作れるように、蓄積された日々の結果を分析し、現場や会社にフィードバックできるような取り組みができればと考えています。

【一日のスケジュール】

  • 09:00  出社、朝礼
  • 09:10  資料作成、工事業者打合せ
  • 12:00  昼食
  • 13:00  外出(行政へ申請手続き)、事務処理
  • 18:00  退社

 

  非日常が自分を取り戻してくれる

社員インタビュー

趣味のサーフィンは、学生時代からずっと続けています。

毎日たくさんの書類作成や手続きと格闘していると、その複雑さに、気持ちが滅入ってしまうことも少なくありません。それだけに、休みには非日常的な環境に自分を置くことは、自分らしさを取り戻すために欠かすことができません。

来年くらいには、海外にサーフトリップしてみたいですね。思いっきりリフレッシュしてバリバリ働いてみたいです。

 

まず見学に!一度体験してほしい

安全で安心なサービスを提供するには、職場環境の整備や人財育成が欠かせません。TAKAIDOクールフローは、社長を筆頭に特にその意識が高い会社だと思っています。

物流会社や運送会社は、選択肢に入っていない人もしるかもしれませんが、一度見ていただければ、高井戸運送がそんなイメージを超えるステージを目指していることを感じてもらえると思うので、是非、見学に来てほしいと思います。

     
  他の社員インタビューはコチラ  
     
  ▲ページ最上部に戻る
  ▲HOMEへ戻る